シアリス

副作用があまり出ない

食事の影響を受けづらい


>>シアリスの正規品を購入する<<

シアリスといえばやはり日本でもだいぶ浸透して来ているED治療薬であり、病院でも処方されることが増えてきました。

アメリカのイーライリリー社が開発して2003年ごろから販売をして、瞬く間に海外で話題になって多くの国で使用許可が下りました。

しかし日本で病院で処方されるようになったのは2007年です。

世界中で発売されたのですが、日本では4年もの月日が経っていたのです。いち早く医薬品個人輸入代行サイトを利用していた人はシアリスの効果をすぐに試すことが出来ました。

シアリスは通称第3のED治療薬と呼ばれており、今までのコンセプトとは違ったことで一気に人気に火がついたのです。

シアリスの特徴は何と言っても服用してからの持続作用時間が圧倒的に長い点です。

他のED治療薬は最大でも10時間ほどの持続時間ですが、シアリスに関しては最大36時間もの間効果が持続します。

金曜日の夕方に服用すれば日曜日の朝まで効果を発揮すると言うことで『ウィークエンドピル』とも呼ばれています。

そのためカップルや夫婦となれば大体決まった日に性行為をする事が多いと思います。

それも週末が休みであれば性行為を行うのは大体金曜日の夜から土曜日のことが多いですよね。

1錠で週末を乗り切れるとあって非常に重宝されています。

さらにシアリスは食事の効果をある程度抑えることが出来るということも大きいと思います。

レビトラも食事の影響を受けないと言われていますが、食事の影響はどうしても受けてしまいますし、バイアグラに関して言えば空腹時にバイアグラを服用しないと効果が発揮されません。

現状のED治療薬ではシアリスとステンドラの2つが食事の影響を受けづらいということを覚えておきましょう。

効果時間がとても長いということと食事の影響を受けづらいというのが世界的大ヒットとなったのでしょう。

食事の影響が受けづらいといえ暴飲暴食をして満腹状態ではさすがに薬の効果は発揮されません。

また食事の影響を受けづらいとはいえ空腹状態服用したほうがより効果は実感しやすいです。効果が発揮する目安としては牛丼一杯分(800kcal以内で脂質30%未満)です。

大食いの人からしてみればそれだけ?って思うかもしれませんが、空腹時で性行為をするよりかは十分だと思いますし、性行為が終わったら食事を取ればいいと思います。

お腹が減るとどうしてもお腹が減ったことで性的興奮が薄まってしまうという人は気をつけましょう。

シアリスが販売されている規格は3つで主成分タダラフィルの容量によって【5mg、10mg、20mg】の三つに分けられます。

ただし、病院で処方されることが多いのは【10mg、20mg】の2つです。5mgはまず主成分が入っている量が少ないので出されることはありません。

5mgと10mgのどちらを購入すればいいのだろうと思ったら20mgを購入するのがお勧めです。

10mgを購入して効果が現れなかったら、2錠飲むしかないですよね。そうなれば倍の料金がかかってしまいます。

しかし、20mgを購入すれば10mgの2倍タダラフィルが入っていることになるので効果は現れやすいですよね。

また副作用が少ないタダラフィルですが、人によっては副作用が出てしまうケースもあります。

そんな時はピルカッターなどで半分に割って服用すれば料金も半分に抑えることが出来るのです。

通販で購入しようと思ったら確実に効果が発揮されやすい20mgを購入するようにしましょう。

1つだけ気をつけなければいけない点がシアリスは服用してから効果が現れるまでに個人差が激しい点です。

また服用してから効果が現れるまでに時間がかかります。

大体1時間から4時間かかると言われていて平均すると3時間かかるます大体性行為をする前の4時間前に服用すれば問題ないと思いますが、そもそもシアリスは36時間効果が持続するのでデートで出かける前に1錠飲んでおけば問題ありません。

ただし36時間常にマックス効果が得られるというわけではないのでベストは性行為の4時間ぐらい前に服用するように心がけましょう。

>>シアリスの正規品を購入する<<

<< 前のページに戻る