ジェネリック医薬品とは

先発医薬品と同等成分配合

信頼できる会社を利用する

日本でもジェネリック医薬品という言葉がもう十分認知されてきていると思います。

でもジェネリックって何?とりあえず病院側から説明されているままにとりあえず安いから貰っておこうという人も多いでしょう。

ですからここではジェネリック医薬品について紹介していきます。

簡単にジェネリック医薬品というのを紹介すると先に発売された医薬品(先発医薬品)と同等の成分が配合されて同じ効果が期待できる医薬品をジェネリック医薬品(後発医薬品)と言うのです。

え?でもだったら先に開発された医薬品はすぐに真似されてしまうから企業としてメリットがあるの?って思うかもしれませんが、新薬を開発したら特許として20年前後は独占販売をしても良いのです。

だから先に新薬を開発をしても十分すぎるほど企業にとってメリットがありますし、新薬を開発すればするほど製薬会社としてのブランド価値や信頼感も高まりますので新薬を開発しなくて良いというわけではありません。

あくまでも世の中で出回っているジェネリック医薬品は特許が切れて製薬会社のどこも作っていいよと認められています。

ジェネリック医薬品を消費者が利用するメリットとしてはやはり先に発売された医薬品と比べて圧倒的に安く購入することが出来ます。

先発医薬品の半額以下で購入することも出来ますし、ジェネリック医薬品の場合は同等の成分が入っており、効果も同等ならば薬の大きさを小さくしたり、水なしで飲めるようにできたり、薬を飲みやすく味付きにしたりすることが出来ます。

実際に特許が切れたバイアグラなどはOD錠と呼ばれる水なしのフィルムのようなものを舐めるだけで同等の成分が認められたジェネリック医薬品を販売しています。

飲みやすく改良されて安いとあればジェネリック医薬品を購入したいと思います。

また日本では医療費の国の負担がかなりの金額となっていて医療費削減したいと思っているのが本音です。

ジェネリック医薬品を扱えば医療費もかなり抑えられるということで国が推奨しているのです。

ジェネリック医薬品は効果がないと言っている人もいるかもしれませんが、ジェネリック医薬品として世の中に発売されるまでにかなり厳しい基準をクリアしなくてはいけません。

ジェネリック医薬品であろうとも発売されるまでに3年~5年かかると言われていて臨床試験も行っているので効果がないということは服用方法を間違っていたり、薬が合わなかっただけかも知れません。

現状ED治療薬ではバイアグラしか特許が切れていませんがインドだけは特許の仕組みが違うのでジェネリック大国と呼ばれています。

最新の薬もジェネリック医薬品として製造販売しています。

これは世界中の医療メーカーからも批判されていて何度も裁判沙汰になっています。

それでも購入する側からしてみれば定価の半分以下、下手したら70%オフで購入することが出来るということもあるので助かりますよね。

ただしこれから先はどうなるか分かりませんので早めにまとめ買いをしておいた方が良いと思います。

実際問題レビトラのジェネリック医薬品で有名なバリフを製造しているアジャンタファーマ社は、バリフの製造を停止しています。

アジャンタファーマ社が問題を起したということではなくてレビトラの主成分バルデナフィル自体に特許を申請したからであり、これによって製造をさせないようにレビトラの製造会社の対策なようです。

バリフは現在製造されているものだけで以降はレビトラのジェネリック医薬品は正規の特許が切れるまで販売できないようになっています。

これからも長く使っていこうと思ったらまとめて購入しておくようにしましょう。

<< 前のページに戻る